ひと足先に家を建てた先輩ブログを紹介。 家づくりの失敗談などエピソードが満載。

メイン画像

家を建てるときに知っておくべき「不動産取得税」の知識【平成27年度税制改正対応版】

今回はちょっと硬いお話、不動産取得税(不動産(土地・建物)の取得に対して課税する都道府県税)についてです。
とてもわかり易く解説してくださっていますよ。

不動産取得税は、不動産(土地・建物)の取得に対して課税する都道府県税です。



「都道府県税」なので、「都道府県」ごとに微妙に手続きが異なる点が特徴ですが、この記事では、一般的なことを書きたいと思います。




ところで、税金が難しいのは、いろんなパターンについていろいろな説明を同時にしようとすることがよくあって、一般的な話になればなるほど、自分がぴったりなものがどれかわからない! ということも原因の1つだと思っています。


そこで、この記事では、注文住宅(一条工務店)で家を建てる方を想定して解説するので、建売住宅や中古住宅の場合など、読む方にとって関係ないことは省いています。



◆納める税額

まず不動産取得税が分かりづらいのは、土地と建物で「異なる特例」があるところでしょう。

なお、税率は現在優遇措置があるため、住宅用土地・建物ともに3%です。


1.住宅用土地(「減額」の特例がある場合)

税額=(土地の固定資産税評価額×1/2)×3%-減額される金額(※)

※(1㎡当たりの土地の価格×住宅用建物の床面積×2)×3%

※赤字部分は200㎡が限度



【例】

土地の固定資産税評価額1,500万円(10万円/㎡)

住宅用建物の床面積100㎡

税額=(1,500万円×1/2)×3%-(10万円×100㎡×2)×3%

   =22万5,000円-60万円(減額)<0

   ∴課税なし

※固定資産税評価額は、土地の購入金額そのものではありません。



注文住宅の場合、先祖代々の土地があるとか、土地を保有していない限りは、あらかじめ土地を買って、それから打ち合わせをして着手承諾をしてから建物を建てていくことが多いと思います。


我が家もそうでした。


  
土地を買ってから3年以内に住宅が新築されたときには、上記のように不動産取得税が減額される「減額」の特例があります。

いくつか要件がありますが、一般的には20坪~70坪くらいの家を新築するのであれば、この減額の特例を使えるでしょう。



2.住宅用建物(「控除」の特例がある場合)


1)認定長期優良住宅の場合

税額=(建物の固定資産税評価額-1,300万円)×3%

【例】建物の固定資産税評価額1,400万円

税額=(1,400万円-1,300万円)×3%=3万円

(2)(1)以外の場合(一般住宅)

税額=(建物の固定資産税評価額-1,200万円)×3%


【例】建物の固定資産税評価額1,400万円

税額=(1,400万円-1,200万円)×3%=6万円


建物も20坪~70坪くらいの家を新築するのであれば、算式のように「控除」の特例を受けることができます。

そして、この控除額は認定長期優良住宅の場合、実質、3万円分有利です。

(ただし、建物の固定資産税評価額が1,200万円以下なら差はつきません)

住宅用土地の場合は税金そのものを減らしましたが、住宅用建物の場合は税率をかける前の価格を減らしているという点で異なっています。


◆住宅用土地に対する不動産取得税の「徴収猶予」と「減額」

不動産取得税で1番わかりにくいのは、「住宅用土地」の不動産取得税です。

先ほど住宅用土地については「減額」の特例があると書きましたが、これは住宅用建物あっての減額なので、i-cubeなりセゾンなりi-smartなりがまだ建っていない更地の土地(古家有りの土地も含めて)を買った時には、住宅用土地について減額を受けることはできません。

建売住宅を買った時には「住宅用土地」と「住宅用建物」がセットなのでこんなことは起きないのですが、注文住宅では、住宅用建物が建つまで半年以上はかかってしまいます。

そこで、「徴収猶予」という制度があります。

もともと住宅用に買った土地ですから、建物が完成するまでは、本来減額されるであろう不動産取得税の徴収を猶予(=延期)してくれるのです。


例えば、住宅用土地の不動産取得税が、

減額の特例がない場合:20万円

減額の特例がある場合:0円

とします。

下図のように今年8月に土地を購入したとした場合、その時点では建物が建っていませんので、原則どおり「20万円」を納めないといけません。

しかし、来年3月に建物が建ったときに減額の申請をすることによって、その「20万円」は還付してもらえます。



(27年以降も同様です)



「どうせ後で返すなら、そもそも不動産取得税を徴収しなければいいのに」

と思いませんか?

結果的にお金が返ってきてプラスマイナスゼロとはいえ、なんかムダですよね。

そこで、「徴収猶予の申請」を行うことで、家が完成するまでの間、減額の特例を使って計算したとした減額分の徴収を猶予する制度があります。(都道府県によって制度の名前や手続きが異なる可能性があります。)




(※)図をクリックすると拡大します。

この図のように、仮に減額したとして計算したら、不動産取得税が「0円」になる場合、建物が建つまで徴収(納税)を待ってくれるわけですね。

ちなみに、減額の特例を使っても減額しきれない場合は、残った部分は猶予できませんので、最初に納める必要があります。

【例】

原則の不動産取得税:40万円

減額対象(徴収猶予対象):35万円

40万円-35万円(徴収猶予)=5万円(納税が必要)


優遇政策によって、

住宅用土地には「減額」の特例が、

住宅用建物には「控除」の特例が

ありますので、不動産取得税はほとんどかからないことが多いと思います。

しかし、一生に一度しか払わない(次に払うのは何十年後にあるかないか)税金なので、簡単な仕組みだけでも確認いただければよいかと思います。

紹介ブログ HOMEPAGE
http://icube2011.doorblog.jp/
紹介ブログ 記事URL
http://icube2011.doorblog.jp/archives/3110102.html
  • 採用して良かったもの:マ…

    見た目は普通のクロスと変わらないのにペタペタと貼れてとても便利そうです!日々増えていく書類…

  • 採用してよかった間取り⑤…

    おしゃれなスケルトン階段はもちろん魅力的です。しかし、ブロガーさんの記事を読むとボックス階…

  • ベビが生まれておうちに採…

    ハイハイができるようになった赤ちゃんにとって、階段は魅力的な遊び場になってしまいます^^;…

  • 壁掛けテレビの配線・コン…

    リビングの大部分を占めるテレビは置き方ひとつで印象が変わるものです。裏側の部分を妥協せずに…

  • 25坪の家に子供の遊び場…

    25坪という空間の中、全ての部屋を有効に使うことでブロガーさんの暮らしやすい間取りが見えて…

  • 【web内覧】およそ6帖…

    広々とした6帖のベランダは洗濯干し以外にも様々な用途がありとっても使いやすそうです!天気の…

  • すごく便利だった!2階の…

    おしゃれな手すりが便利な物干しの役目をするなんて!大きな物干しスタンドを片付けたり出したり…

  • 寝室の小上がりと、その下…

    小上がりを設けて畳スペースとするのはよく聞きますが、そこを寝室として使用するとは!ですね☆…

  • WEB内覧会10 パント…

    買い物をしてからすぐに食材を置ける、そしてキッチンへとつながっているパントリーはとても使い…

  • 雨樋やエアコンのダクトカ…

    外観は色々と好みやこだわりを考えますが、雨樋やエアコンのダクトカバーについては、つい後回し…

  • 24.【WEB内覧】洗濯…

    洗濯機は洗面所にあるもの・・・という考えにとらわれず、動線や使いやすさなどをしっかり考えて…

  • 我が家のおこだわりポイン…

    自宅にクライミングウォールやハンモックブランコ・・・一度は憧れました☆クライミングウォール…

  • 玄関土間にある人感センサ…

    センサーって便利ですが、賢すぎて、今じゃないのにって正直うっとうしくなる時がありますよね。…

  • 【web内覧会】ダイニン…

    吹き抜けは見た目がとってもステキなのでぜひ採用したいのですが、部屋が寒く光熱費が高くなる・…

  • 施主検査!!

    施主検査、ついつい準備不足で臨んでしまいがちですが、大事なことですよね。いつかは汚れるとは…

  • 我が家はこんなおうち、2…

    すごくオシャレな2階になっていて、羨ましい限りです☆色々と工夫されているので、今から検討さ…

  • WEB内覧会① 玄関

    玄関周りは誰からも目がつく場所ですから、オシャレにスッキリとさせておきたいですよね。ママは…

  • たかが『コンセント』。さ…

    コンセント部分は結構目につくものですよね。特に種類もないのかと思っていましたが・・・こんな…

  • 入居前WEB内覧会:三階…

    階段先のホールはちょっとしたスペースなので、そのままただのホールになりがちですが、こんな活…

  • 洗面台を考えるよ!④ ア…

  • これが冬場の室内干し。

    洗濯物は毎日のことですから、導線も効率も乾きも重要なポイントです!室内⇔外と、簡単に移動で…

  • 住み心地レビュー⑦:3畳…

    ウォークインクローゼット、手狭だとしても、使用するイメージを考えて設置すれば、十分に活用で…

  • 施主支給の注意点!後悔し…

    本当にステキな照明です☆憧れの照明ってありますよね。それが割れていたなんて・・・・ショック…

  • 幅木って必要ですか?

    幅木にも色々なタイプがあるんですね!確かに壁の色にアクセントをつけたりすると、結構目立つ場…

  • 住む前に気づいたこと。

    照明の明るさ具合は、実際につけてみないと分かりにくいものですよね。明るすぎたり、逆に暗すぎ…

  • 【入居前WEB内覧会】息…

    ロフトといえば、子供の憧れですよね★ロフトをベッド代わりにすればその分のスペースも活用でき…

  • 入居後web内覧会♡〜息…

    DIYでこんなにおしゃれに仕上げられたら、家族も大満足ですね!男の子が大好きそうなアイテム…

  • 入居後web内覧会〜お気…

    ワンフロア生活ができるかできないかで、日常の面倒さが随分と違ってくるでしょうね!一本のハン…

  • 【内覧会】ダイニング 失…

    経験者の失敗談や成功例って本当に勉強になりますよね。自由設計ですと色々と決めることがあって…

  • 《レイアウト》洗面所とキ…

    完成後はどうにもこうにもならない動線・・・的確なアドバイスをされた工務店の社長さん、素晴ら…

  • 【入居前Web内覧会】扉…

    オープンだと常にキレイな状態で・・という意識になりますし、毎日目にする場所なので、必要かそ…

  • 入居43日目 作って正解…

    洗面収納、本当に私も欲しかった場所です。事前にイメージをされて収納場所をつくられているので…

  • お気に入りポイント③アク…

    アクセントが効いていて本当に素敵です☆ネイビーなのがまた格好良いですよね。最近は3Dパース…

  • 【洗面所 兼 ファミリー…

    動線を考えて家族が住みやすくなるように考えられてますね!我が家もスペースがあれば本当に欲し…

  • 【入居前Web内覧会②】…

    他に比べてスペースの狭いトイレは、クロスなど冒険しやすいですよね!色合いが素敵で羨ましいで…

  • ペンダントライトにしなか…

    まさに同感!と思った記事でした。我が家も憧れの照明を設置したものの、位置が固定されてしまい…

  • レンジフードのないキッチ…

    レンジフードがあるかないかでは、スッキリ感が全く違いますね!家自体が広々と感じられます。今…

  • 流行りのスキップフロアっ…

    オシャレでスペースを有効活用できそうなスキップフロアですが、メリット・デメリットそれぞれ色…

  • 一度は後悔した間取り

    リビングから直接、お風呂に行けるほうが何かと便利ですよね♪でも、誰か来ているとお風呂に入り…

  • 【web内覧会】リビング

    木と太陽の温もりが写真からも伝わる素敵なリビングです♪こんなお家に住めたら、心も身体も毎日…

  • 使い始めて気づく⑧玄関タ…

    訪問する方々が必ず目にする玄関。常にキレイにしたいですが、なかなか難しいですよね。見た目だ…

  • 細かすぎるweb内覧会⑨…

    アクセントクロスって部屋の雰囲気がガラッと変わって楽しいですよね!WICにドアを2つつける…

  • 間取り(ユーティリティー…

    実は、私は家を建てるときにこういうスペースを作るべきだったと後悔している一人です。特にお子…

  • 失敗!ウォークインクロー…

    建てたあとに後悔することって必ず何かあるとは思うのですが、間取りで後悔…が一番対策ができな…

  • 間取りについて

    導線や広さだけでなく、部屋を開けた時どう見えるか?というところまで考えられると、より満足度…

  • 熱交換気ユニットのお手入…

    天井だし大変そう…と思う熱交換気ユニットのお掃除ですが、2箇所で15〜20分で終わるなら頑…

  • ☆web内覧会☆③LDK

    とってもオシャレなダイニングで、家に帰るのが楽しみになりそうなお家です。何を優先して何を諦…

  • web内覧会*1階トイレ

    こんなに素敵だと、トイレが最高のリラックス空間になりそうです♪収納も広めで快適に使えそうで…

  • 【第百八話】家作り物語 …

    レンジフードにも色々種類があるのですね!それぞれの特徴が詳しく書かれているので大変参考にな…

  • トイレ静音ドアの実力を体…

    トイレの静音ドアというものがあるとは!少しのすき間やドアの重さで全然違うようです。お値段は…

何から始めていいか困っていませんか?

“広島の注文住宅まるわかりキット”をお届けします。